女性が持つデリケートゾーンの悩み~お悩み相談室~

使用方法で改善する

考える女の人

女性は定期的に生理が来ます。生理の時にナプキンを使用します。ナプキンには種類がありまして、紙ナプキンや布ナプキンがあります。布ナプキンの使用方法を間違えてしまうとかぶれてしまうことがあります。その原因としてあげられるのが、ナプキンの接着方法を間違えてしまうとかぶれてしまうことがあるのです。また、ナプキンは様々な種類が市販で販売されています。そして、いつも使用しているものから違うものを使用するとかぶれてしまうことがあります。コレは、新しいナプキンを使用したからかぶれたのではなく、装着方法を間違えてしまったという原因があります。ナプキンによって、装着する場所が変わってきますので、しっかりと説明を確認すると良いでしょう。また、かぶれについては素材がデリケートゾーンに合わないということです。これは、ナプキンを変えることで改善出来ます。

ナプキンを使用していくとかぶれ等の問題が出てしまうことがありますが、痒みが出てしまうことがあります。痒みが出てしまうと人が見ているところで触ることなど出来ません。その為、このような緊急の場合は深呼吸をするといいでしょう。深呼吸をすることで興奮している神経を落ち着かせる効果があります。痒みは神経が興奮していることで起きてしまうこともあるのです。また、シャワーやトイレで経血が気になってしまい念入りに洗ってしまう女性もいます。しかし、膣の中もしっかり洗ってしまうと良い菌まで洗い流してしまうので、気をつけましょう。そして、デリケートゾーンの痒みやかぶれがどうしてもおさまらない場合は、専用の塗り薬を使うと良いでしょう。このようにすると落ち着くことが出来ます。